このサイトの目的

AEDは2004年7月1日に、本邦で市民による使用が公認されました。その後、機械は公共交通や役所などを筆頭にさまざまなところで目にするようになっています。しかし市民が実際にそれを使用して倒れた人を助けたという例は、期待されたほど多くはありません。
その大きな理由として、AEDがどういうもので、どのように使えばいいかを、みなさんがまだご存じないことが挙げられます。このサイトは、みなさんにAEDとは何かをお伝えし、使い方が決して難しくなく、そして的確に使えば目覚ましい効果のあるのをお知らせすることを目的としています。私たちの合い言葉は、「もっと身近に!命を救うAED」です。
この趣旨にご賛同いただいたNHK神戸放送局のご協力で、平成19年の初秋にAEDや心肺蘇生にまつわるさまざまな話題・情報をとりあげる放送キャンペーンを兵庫県全域で実施し、市民のみなさんにAEDを広めて行こうと考えています。

発信者情報(私たちはこういうグループです)

私たち「プロジェクトAED in ひょうご」研究グループは、AEDを市民のみなさんに知っていただくために集まった集団です。メンバーは、兵庫県内で心肺蘇生の普及啓発や研究にたずさわっている、医師、消防職員(救急隊員など)をはじめとする各組織の代表者です。
このグループは厚生労働省の「(循環器疾患等生活習慣病対策総合研究事業)自動体外式除細動器(AED)を用いた心疾患の救命率向上のための体制の構築に関する研究」班に属しており、活動は平成18?20年度厚生労働科学研究費補助金によって支援されています。