AEDとはAutomated External Defibrillatorの略で、自動体外式除細動器と訳します。
 突然心臓が止まった時に以前から病院で行われていた、いわゆる「電気ショック」を、一般市民でも安全・確実に実施でるように作られた機械です。

 手提げカバンと同じ程度の大きさと重さで、コンピューターを内蔵しており、電源さえ入れれば操作は機械自身が順序に従って声を出して指導してくれます。
 もし目の前で誰かが倒れて心肺停止状態に陥ったら、側にいる人は人工呼吸や胸骨圧迫による心肺蘇生をすぐに行っていただきたいのですが、その時さらにAEDが使えれば、助けられる人は飛躍的に増加すると期待されています。
 そして電気ショックは、早ければ早いほど効果が高いのです。

 さあ、みなさんもAEDを使った心肺蘇生を学んで下さい。そして勇気を出して、目の前の助けられる命を、助けて上げて下さい。

?

?

AEDの今までの経緯

 現在市中に広く配備され市民による電気ショックを可能とするAEDも、従来は医師にしか使用が認められていませんでした。
それが変わるきっかけは2000年、アメリカ心臓協会(American Heart Association:AHA)が中心となって策定した心肺蘇生国際ガイドラインにおいて、AEDの高い有効性が示されたことでした。わが国でもAEDが広まって、病院外での心肺停止例の救命率が向上するのではと期待されましたが、制度整備に時間がかかりました。

 2001年12月に、わが国の航空会社の国際線客室乗務員はAEDが使用できるよう、法律が改正されました。海外の航空会社では、それ以前から機内にAEDが配備されていたのです。
 2002年11月に、高円宮憲仁親王(当時47歳)がスカッシュのプレー中に突然倒れ、心室細動で亡くなるという不幸な出来事がありました。この時は、市中にAEDはまだありませんでした。
その後制度整備が段階的に進められ、2003年3月には救急救命士が電気ショックを行う際に医師の指示を得ることが不用になり、より短時間で電気ショックが行えるようになりました。
 そして、2004年7月からは市民もAEDが使用できるようになったのです。
 2005年に開催された愛知万博では会場にAEDが多数配置され、発生した心停止患者のうち4人を救命し、社会復帰させることが出来ました。
 この年の末には心肺蘇生ガイドラインが各国で改訂されましたが、そこでもAEDの有用性が引き続き強調されています。
 現在AEDは、公共交通機関、公共施設などを中心に広く配備され、関連する話題がマスコミに取り上げられることも増えています。最近では、野球などの球技中に胸への軽い打撃をきっかけとして、若い健康な人にもおきる致死性不整脈(いわゆる心臓震盪)に対して使用され、救命できたという報道がなされています。
 今後は、AEDを活用した市民による心肺蘇生によって、突然心肺停止から救命される例が増えることが期待されています。

?

「AEDとPAD」

 AEDにまつわるもう一つのキーワードがPADです。Public Access Defibrillationの略で、「公衆・市民がアクセスする除細動(電気ショック)」という意味です。
 医療職以外の方でも、必要な時には除細動(電気ショック)を行って心肺停止に陥った人を救命することができるという考え方を指します。

 そしてこれにうってつけな機械が、AEDです。
 最近交通機関や公共施設で目にするようになったAEDは、そのために配備されているのです。