一分一秒を争う心肺停止。もしあなたの目の前で起こってしまったらどうでしょう。救急車の到着には、平均で6分以上かかるという現実。ただただ待ち続けるあなたは“心肺蘇生法やAEDの使い方を知っていたら…”ときっと心を痛めることでしょう。
このページは、AEDの使い方と心肺蘇生法をご紹介しています。いざという時のために、ぜひご覧になってみてください。

心肺蘇生法とAEDの使用

各項目をクリックすると、詳しい説明のページにジャンプします。

フローチャート (1)反応を確認する (2)助けを呼ぶ(大声で叫ぶ、119番通報とAEDの手配) (3)気道の確保 (4)呼吸の確認 (5)人工呼吸2回(省略可能) (6)胸骨圧迫(心臓マッサージ)30回 (7)心肺蘇生法の反復 (8)AEDの到着と準備、電源を入れ、電極パッドを装着する (9)心電図の解析、電気ショックは必要か? (10)電気ショック(1回) (11)ただちに心肺蘇生法を再開、5サイクル(2分間) (11)ただちに心肺蘇生法を再開、5サイクル(2分間)